想像力を駆使する遊び Dixit

こんにちは!
昨日、ルームメイトのみんなと一緒にディナーをしたあとに、Dixitというカードボードゲームをしました。


Dixitとは?

Dixitはラテン語で「彼/彼女/それは言った」の意味でJean-Louis Roubira
(ジャン=ルイビルラ)によって作成され、Marie Cardouatによって図解され、Libellud(リベルード)によって発行されたカードゲームです。

夢のような画像で描かれたカードのデッキを使用して、プレイヤーは「ストーリーテラー」によって提案されたタイトルに一致するカードを選択し、「ストーリーテラー」が選択したカードを推測しようとします。このゲームは2008年に導入されました。【Wikipediaより】



絵と物語がゲームとなったコミュニケーションゲーム
ドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、世界中に“コミュニケーションボードゲーム”のブームを巻き起こしました。


簡単なルールで、メルヘンチックなカードイラストとかわいいうさぎコマを使って老若男女で楽しく遊べる!!

私はこのゲームの魅力に取りつかれてしまいました♡
子どもができたら絶対やらせたいと思えるゲームだなとも思いました。

家族や、ルームメイトのみんなとお家で一緒にこのゲームをすると自粛期間も楽しめるかもしれません!私はめちゃめちゃ楽しめました!

私たちは盛り上がりすぎて気づいたら夜中の2時を回ってしまっていました(笑)


このお家に引っ越してきて、もう4ヶ月が過ぎますが、このゲームを通してルームメイトのこともより深く知ることができました。

個人の想像力を働かせてどんな言葉で、どんな表現をするか?楽しみながら、コミュニケーションを取り、お互いを深く知れるゲームだなと思いました。オンラインでもできたらいいなぁと思ったけど、そもそも無理か(笑)

これは対面だからこそ楽しめるゲームですね。

1回戦目は冴え渡り、ぶっちぎりの1位☆彡

2回戦目は最下位に転落(笑)

今回は英語でしたが、表現に幅のある日本語こそより楽しめるものなのではないかと思っています!

ロックダウンが終わったらぜひ、一緒にゲームで遊びましょう!

Your imagination is no limit♡

Tot ziens!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です